HOME  >  相続登記

亡くなられた方の土地・建物の名義をその相続人の名義に変える登記を言います。

この登記はお客様自身がやることも勿論出来ますが、複雑な戸籍の入手が必要になる等かなり専門的な手続きであることは否めません。
この登記をやらないからといって罰則があるわけではないですが、長い間放置しておくと相続人の数、範囲が広がり(場合によっては甥、姪まで)遺産分割協議が困難になる場合があり、亡くなられた方の土地・建物の名義を変えたり、処分することができなくなる場合が生じることがあります。

従いまして、当事務所としては、親族の方が亡くなられた時には、できるだけ早めに相続登記をやることをお薦め致します。

相続登記を検討されるお客様は是非当事務所に相談下さい。

なお、相続税の申告等の税金に関するお悩みについてはまずは税務署に相談されることをお薦め致します。
その際、まず、確認して頂きたいのが、『そもそも相続税が加算される事案なのか』という事です。100件相続があっても相続税が加算される案件は4〜5件と言われており、お客様の案件も相続税が加算されない可能性が高いからです。

もし、相続税が加算される案件か、相続税が加算されないものの申告が必要な場合であれば、税務署で会計事務所を紹介して頂けますし、当事務所から会計事務所を紹介させて頂くこともできます。

相続登記の費用については事務所紹介と料金を参照してください。
TOPへ戻る
ご挨拶
事務所紹介と料金
会社設立
相続登記
お問い合わせ
東京都千代田区内神田1-18-11
ブログ 関連リンク集
会計事務所のご担当者様へ
突撃!!サムライレポートへ

相続登記ねっと!

Ls | 阿部 光寿のスタイル(阿部司法書士事務所)